--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-30(Thu)

国際ジャーナル|人脈の作り方について聞いてみました

国際ジャーナルにある異業種ネットという交流会にとても興味を持っている友人
がいます。彼は、様々な交流会や集まりによく顔を出すそうです。その彼に人脈
の作り方について聞いてみました。まずは、顔と名前をよく覚えることが大事だ
そうです。そのためには、会った時に名前を呼んだり、あとから名刺に似顔絵や
特長を書くなどして、できる限り意識に残るように努力するそうです。それか
ら、会いたいと思った人には、積極的にアプローチすることにしているそうで
す。特に、著名な方の場合は、交流会に出席していても挨拶できない場合も多い
ので、この様なときは多少強引でも名刺交換するなどして、なんとかきっかけを
作るのが大事みたいです。それから、ハガキを後から送るのもいいみたいです
ね。相手の負担にならない程度で、簡単にお礼を述べるには、ハガキというツー
ルが一番ぴったりしているそうです。メールではちょっと味気ないとも言ってい
ました。このようにして、自分なりの工夫をしながら、人脈を作っているみたい
ですが、一番大事なのは、自分が今後も付き合っていきたい人との人脈作りみた
いです。単に商売上の欲によって作った人脈はあまり長続きしないと言っていま
した。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト
2009-07-28(Tue)

国際ジャーナル|夏真っ盛り

夏も真っ盛りになってきましたが、そろそろ海で遊ぶのにいい時期になってきた
のではないでしょうか。最近、日本海側では、様々な漂着ごみが増えているみた
いです。これは、中国や韓国などから流れてきていると推測されています。その
他にも、河川から流れてきたり、海上で投棄されることもあるみたいです。最近
では、国の方でも動きをとって、海岸漂着物処理推進法という法律を施行してい
ます。これは、いままで各自治体にまかせっきりだったこの漂着ごみを、政府も
財政上の負担をとりながら必要な措置をとっていく事を目的としています。きれ
いな海岸を確保するために、国が本腰をあげたのではないかと考えます。また、
河川から流れてくるごみに関しては、一つの県では対応できませんから、全国レ
ベルでの調整が必要になりますので、これからの動向には注目していきたいと思
います。最近は環境に関する意識も高まってきています。自分達が暮らす国土を
きれいにしていくという考え方は、豊かな生活を築く上でも大切ではないかと思
います。実際には様々な問題点もあるかと思いますが、きれいな海岸の実現に向
けて、国民レベルでの取組を今後ともおこなっていくべきではないかと思います。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
2009-07-24(Fri)

国際ジャーナル|女性をボンネットに乗せたまま暴走!

愛知県警津島署は今月23日、女性を車のボンネットに乗せたまま約800mも走り、女性を振り落として怪我を負わせた殺人未遂の疑いで、知立市谷田町本林に住む無職の、轟源容疑者(27)を逮捕したそうです。津島署によると、女性は刈谷市在住の無職、亀岡りささん(22)で、轟容疑者が運転する車に振り落とされ、全身に擦り傷を負ったものの命には別条なかったようです。りささんは、轟容疑者の車に同乗していたとみられる妹(20)に、家族などとともに交際をやめるように説得していて、最終的にこの事件に巻き込まれてしまったようです。

この事件が起こったのは、23日午前3時くらい。津島市宮川町の公園の駐車場に停車していた車を、轟容疑者が急発進させ、車の前に行った亀岡さんがボンネットに乗っかってしまったのに、そのまま車を発進。女性が落ちるように急停止したり、蛇行したりを繰り返してなんと800mも走行し、そのあと亀岡さんを振り落として車をぶつけたのだそうですよ!まさかボンネットに乗せたまま走ることになるとは、轟容疑者も思っていなかったようで、轟容疑者はこの事件について「現場から逃れたかった」と供述し、犯行を認めているそうです。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
2009-07-21(Tue)

国際ジャーナル|日本の海外投資について

最近の日本の海外投資については、中国からインドへのシフトが進んでいる様で
す。中国に対する投資は、とりあえず一巡した感があるのに対して、インドはこ
れから投資が加速していく事が予測されています。インドは中国についで人口の
多い国ですから、最近の経済発展によって、今後ますます内需が拡大する事が予
想されている国です。その市場を確保するために、様々な企業が、インド企業と
のM&A、提携、自社進出をさかんに行っています。ただし、中国に進出してい
る日本企業と比較して、インドに進出している企業はまだ4分の1程度にとど
まっている様です。という事は、これからさらにインドへの投資が活発になると
言えるのではないでしょうか。インドへの投資の懸念としては、やはり文化の違
いによる摩擦が考えられますね。中国のときもそうでしたが、日本国内の常識で
ビジネスを始めると、大きなトラブルが発生するケースがあります。また、イン
ドはまだインフラが未発達の部分があるので、工場を作っても、電力や物流の麺
から、中国の方が有利な場合も考えられます。いずれにしても、日本企業にとっ
て、これからのインド戦略を構築していく事はさけて通れないテーマである事は
確かでしょう。
国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
2009-07-15(Wed)

国際ジャーナル|風邪と発熱相談センター

私の周りで、子供さんが風邪をひいて高熱が出るというのが
何人もいます。

結構長引くようで、39度を超える熱が出てしまっているそうなんです。

熱が出たので病院へ・・・とすぐには出来ず、やはり「発熱相談センター」
にまず電話をかけるそうです。私も何度か電話をかけたことがありますが
本当に丁寧に症状を聞いてくれて、「新型インフルエンザの可能性は低いから
かかりつけの病院へ行ってください。お大事になさってくださいね」と
言ってくれるんです。

子供が熱を出したときにあまりにも無愛想な対応なら、余計に腹が立つんです
けど、男性でも女性でも丁寧な対応をしてくれるんです。
電話をかけたときに、いくつか質問をされるんです。
「海外、国内でもこの1ヶ月以内に旅行をしたか」
「周りの人で新型インフルエンザにかかった人はいないか」
「吐き気、下痢などはあるか」など・・・。
でも、聞き取りやすい話し方をしてくれます。

「初めて子供が熱を出した」なんていうお母さんは、まず「どうしよう」という
気持ちになりませんか?でも、そんな時でもきっちり最後まで症状を聞いてくれる
ので、ありがたいです。

で、知人の子供さんはここ5日間くらい39度を越える熱が続いています。
坐薬を入れてあげるとその時は37度台まで下がるんですが、やはりまた39度台に
なってしまう・・・という繰り返しらしいです。
今は「本当に大丈夫なのかな」ととても心配しています。
5日間の間に2度ほど病院へ行ったそうなんですが、「風邪です」との診断を受けて
いるそうです。新型インフルエンザとしては診断されていないようですよ。
ただ、食欲があって水分もよく摂っているらしいのでその点は安心しているようです。

最近、救急車がよく通っています。急に暑くなったので、ひょっとしたら熱中症なの
かな・・・と勝手に思っているんですが。

顔見知りの人と道で会って挨拶をするときも必ず「暑いですねぇ」と言っています。

外に出るときは、十分な対策が必要ですね。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
2009-07-10(Fri)

国際ジャーナル|水産資源

先日購入してきた国際ジャーナルを読んでいましたが、水産物の供給が今後の
テーマとして特集されていました。ライクラサミットでは、日露首脳会談が開催
されましたが、やはり焦点は北方領土問題です。北方領土のオホーツク海は、豊
富な海産物の産地として有名ですが、国境線を越えて操業する日本の漁船が捕ま
るなど、必ずしも安定した水産資源の供給地域とはいえません。日本では、世界
各国から水産資源を輸入しているのは隠れた事実ですが、最近は世界的に魚の消
費が拡大しており、今までの様に安く安定した魚の供給が続くかどうかは、まっ
たく安心できない状況です。特に、魚の消費が増えているのは中国ですが、経済
力が高まってきたので、市場においても、中国のバイイング・パワーには日本の
商社が負けてしまう事もあるようですね。日本人は元々魚が好きな国民ですが、
水産資源も無限ではない事を充分に知っておいた方がよいのではないかと思いま
す。私自身も魚は大好きで、刺身、焼き魚、煮物など、いろいろな食べ方をして
います。ここにも日本の食文化の豊かさがあると思います。この文化の源である
水産資源を、もっともっと大事に活用していきたいと思うようになりました。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
2009-07-06(Mon)

ポイ捨てについて | 報道通信社

ある新聞記事に小学生の男の子2人が毎週日曜日に家から学校までの
通学路2キロのごみ掃除をしているという記事が載っていました。

通学路にはたくさんのごみが落ちているそうです。
その記事を見ていて、うちの近所にも本当にたくさんのごみが
落ちていることを悲しく思いました。

吸殻はもちろんですが、市販のおにぎりの食べカスや菓子パンの空き袋、
ファーストフードの紙袋。パックの飲み物や明らかに家庭ごみだろうと
いうものまで・・・。
風が強い日などは、そのようなものがうちの前まで飛んでくるので
結局私が拾って、家のごみと一緒に捨てるんですよ。

つい先日、買い物へ行くのに信号待ちをしていたら、私の横でつばを
吐いたおじさんがいました。思わず、私は睨んでしまいました・・・。
すると、そのおじさんは「喉がおかしいねんからしゃーないやろ」ですって。
「えぇっっっっ」と思いました。喉がおかしいだって?びっくりしましたね。

外で何か食べた後に捨てる場所が近くになかったからそこら辺にポイッ
としたくなる気持ちになるんでしょうか・・・。

でも、マナーとして自分が出したゴミはきちんとゴミ箱に捨てる!!そばに
ゴミ箱がなければ、持ち帰る。などのような気持ちを持って頂きたいものだ
と思います。

もし、自分の家の前にゴミが転がっていたらどう思うでしょう。
近所の人も同じような事を言っていました。

よく行くスーパーに、「リサイクルコーナー」という場所があって、
ペットボトルや空き缶、牛乳パックなどを捨てるコーナーがあります。
私はよくペットボトルを持っていくのですが、これもつい先日の事。
ペットボトルの場所にたくさんの空き缶が捨てられていました。
これもまたびっくりしました。「えぇっっっっっ」って・・。
後で見ると、掃除のおばさんが「えらいことになってるわ」と言いながら、
分別されていました。

テレビでもCMで流れていた時があったと思うんです。「1人1人のマナーで
街をきれいに」なんていうのが・・・。
きれいな街になることを心から祈っています。
ちなみに私は、ゴミを絶対にポイ捨てはしません。


報道通信社
報道ニッポン
国際通信社
国際ジャーナル
現代画報

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。