--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-30(Wed)

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 台風9号日本上陸!

台風9号が、日本に上陸しました。



台風が日本海側の北陸から上陸するというのは、観測史上初めて!

東北は雨不足だったから、恵みの雨になるかと思いきや、やはり、借り入れ前の稲に
影響を及ぼしているみたいです。



今回の台風9号も、やはり沖縄の近海で発生。



本来、台風はフィリピン沖などの海水温度を高い場所で発生するのですが、ここ数
年、沖縄近海で発生し、あっという間に台風が日本にやってくるようになりましたよ
ね。

きっと、温暖化が原因なんでしょう・・・



台風9号は、大きさも強さもそれほど強くないそうですが、勢力が弱いがために周り
の影響を受けやすい台風で、今回は秋雨前線に左右されていて、大雨に注意してほし
いと気象庁は呼び掛けています。



今後、東日本から東北南部にかけて激しい雨が降ります。

予想雨量は多い所では、関東200ミリ、東海・甲信150ミリ、北陸・東北100
ミリ。
また、山陰や北陸では、海上を中心に18メートルという、非常に強い風が吹く見込
みになっています。



最近の台風で思うことは・・・



台風一過が過ぎても、すっきりと晴れることが少なくなった気がしませんか?

どうしてなのでしょうね~

たまには朝から台風一過をもてみたいですが、暑さだけは勘弁ですね(笑)


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト
2011-03-29(Tue)

報道通信社・報道ニッポン 日清「ラ王」の新CMお蔵入の訳は・・・

日清食品は8日、「弊社商品のCM撮影に関するお詫び」をホームページ上に掲載し
た。



日清の「ラ王」の新CM撮影は槍ヶ岳でおこなわれましたが、そのCMの撮影の際、
登山者に登頂を待ってもらっていたことが発覚し、迷惑をかけたとして謝罪。

そして、新CMは9日から放送予定でしたが、放送は中止、“お蔵入り”にすること
を決めました。



そういえば・・・昔のこと、思いだしました。



スキー旅行で、蔵王に行った時。



ゲレンデの迂回コースを気持ちよく滑っていると、一人の男性の姿がコース内に見え
てきました。

その人は、スキー板などははいておらず、普通の服装に靴。

そして、滑り下りてくる人全てを止めました。



「この先で撮影をしているので、しばらくここで待機してください。」

「???、なぜ、私たちがこの場所で、待機しないといけないのですか?」

「撮影をしているからです。」


納得できなかったものの、数名がその場で足止めをされました。

撮影をするのだから、協力は当たり前みたいな行動に、その場にいた人は全員ブーイ
ング!



今回の「ラ王」のCM撮影者側の言い分だと、登山者を排除するということは考えて
はいなかったし、地元山岳ガイドの人からの情報でできるだけ登山者の少ない時間帯
を選んだが、結果として、撮影にあたり予定を変更させられた登山者がいたといいま
すが、蔵王で止められた時も平日でしたので、もちろんスキー客が少ないことを考慮
していたはず。



しかし、人数の多い少ないではなく、撮影により予定を狂わされたのは間違いないで
しょう・・・

撮影を理由に好き勝手するのって、今も昔も変わらないんですね~




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
現代画報
2011-03-29(Tue)

月刊誌国際通信社国際ジャーナル 大沢あかね、出産

最近芸能界では、ママさんになってもキレイで魅力あふれるタレントさんが増えていらっしゃいますよね。昔は出産をしたら、そのあとの芸能人としての人生は終わりのような感じだったようですが、今では「お母さんになっても素敵な女優さん」などとしてまだまだ活躍できるようになりましたね。そんな現代の芸能界で、またまた新しいママさんタレントが誕生しました!というのも、タレントの大沢あかねさんが、9月8日に、劇団ひとりさんとの間に第1子となる女の赤ちゃんを出産されたからです!ちなみに、マスコミ宛てに送られたFAXには、「我らが劇団が待ち望んでおりました、子役が無事にデビューいたしました。記念すべき初舞台は9月8日15時13分でした」と報告されたとのこと!報告もなんだか可愛らしいですよね~!劇団ひとりさんも、可愛らしいお顔をしていらっしゃいますから、2人の娘さんとあればきっと間違いなく可愛らしい女の子なんではないかなあなんて想像しちゃいますね。これから、カメラの前に登場することがあるのかないのかわかりませんが、劇団ひとりさん、なんか子煩悩なお父さんになりそうな感じがしませんか?きっと娘さんにメロメロのお父さんになるのではないかなあと思います!

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社
報道ニッポン
2011-03-28(Mon)

国際ジャーナル現代画報 中村仁美、結婚

みなさんはすでにニュースでご存知かもしれませんが、フジテレビで活躍されている女性アナウサーの中村仁美さんが、お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さんとご結婚されましたよね~!なんでも、二人はかなりの長い付き合いなのだとか?!中村さん、見た目ほんわかしてそうですが、きっと奥さんになったらしっかりやってくれそうだし、いいお母さんにもなりそうですよね。これからは女性誌でママさんアナとしても登場しそうな予感です。

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社
国際ジャーナル
2011-03-28(Mon)

月刊誌は報道通信社の報道ニッポン クレンズダイエット

ダイエットが気になる方は知っておきたいダイエット、それが「クレンズダイエット」です。テレビで紹介されていたのを見たという方も多いかと思いますが、クレンズダイエットは100%ジュースを飲むだけでダイエットに効果があるというものです!クレンズダイエットに使用するジュースは、にんじん 100グラム、レモン 1/2個 、キャベツ 100グラム、セロリ 1/2個、リンゴ 1/4個、水 200ミリリットル、氷 200グラムだそうで、このジュースが効き目抜群なのだとか。お試しあれ!

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報
2011-03-27(Sun)

国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 ガソリン不足

東日本大震災の影響で、被災した宮城県などを中心に東北のガソリン供給が
不足しているようです。このことについては、テレビでも取り上げられていました。
津波による保管施設の損傷や製油所の火災などに加えて、給油で優先される被災地支援
の緊急車両が次々と入るということから、一般向けまでまわしにくくなっていること
などが理由となっているようです。
先日、テレビを通じて被災地の様子を見ておりますと、車の行き来の数が増えてきている
との報道がされていました。
ですが、まだまだ避難生活が厳しい状況ですね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報
2011-03-25(Fri)

国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 スーパームーン

みなさんは「スーパームーン」という言葉をご存じでしょうか。
月と地球が接近することを「スーパームーン」というそうです。
私は、今回初めて知りました。
今回、およそ35万6500キロメートルと、1992年以来
19年ぶりに最も接近した距離となったそうです。
今回は、月と地球が最も遠くなった時に比べて大きさでは14
パーセント大きく、明るさでは30パーセント明るく見える
そうなのです。
とても素敵な状況ですね。地域によっては、何かイベントを考え
られているのでしょうか。私もぜひ、空を見上げてみてみたい
ものです。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン
2011-03-25(Fri)

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 民主化の春は中東にやってくるのか?

もう、そこまで春は来ているのでしょうか。中東のデモをテレビで見ていると、
民主化の春が中東に広がっているのではないかと思います。特に混乱が 続いて
いるリビアですが、国民の自由や権利を大幅に制限しているカダフィ氏への怒り
がデモの中心となっていると思います。石油で得た富をカダフィ 氏周辺に集中
させた事が、人々に不平等感を広げたのではないでしょうか。インターネットに
よって民主化を求める声が結びつけられています。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
報道通信社
2011-03-24(Thu)

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル スタバ、ロゴ変更。

みなさんすでにご存じかと思いますが、日本でも愛されているアメリカのカフェ、Starbucks Coffee が、アメリカ時間の1月5日に、今年の春からロゴを変更することを発表しましたよね!なんでも新らしく起用されることになったロゴは、スタバのトレードマーク、人魚の「セイレーン」は残されているものの、「STARBUCKS COFFEE」という社名は取り除かれて、色も緑に統一されるのだそう。スタバは今年で創立40周年となるのだそうですが、新しいロゴはそれを記念したそうで、またスタバとしては新しいロゴは「イノベーションと顧客との関係性を強化するチャンネルを開拓するために必要な自由と柔軟性を与える」と、しているのだとか。実は過去にもロゴが何回か変更されているのだそうで、今回で4回目のロゴ変更となるのだそう。スタバを愛するスタバファンたちの間では、スターバックス・コーヒーという社名がロゴから消えてしまうのが嫌だという声も聞こえているようですが、まあ記念に新しいロゴでスタートしたいのであれば仕方何のかも?しかも、スタバのロゴである人魚のセイレーンは健在だし。スタバファンの人は、今あるスターバックスのマグカップとか、記念に買ってとっておいてもいいかもしれませんねえ。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社
2011-03-23(Wed)

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 根拠のない情報

3月11日に大きな地震が発生し、多くの人が被害に遭いました。
それから時間が経ちますが、まだまだ不安はあると思います。
そんな中、テレビでも新聞でも取り上げられていたのですが、
根拠のない情報がインターネットやメールなどで流れているというのです。
被災地にいるみなさんには、まだまだ確実な情報が入っていないと思います。
そんなウソの情報を耳にして、大きく広がったら・・・
こんなひどい話はないのではないでしょうか。
テレビや新聞、ラジオという情報源から伝える人たちは、正しい情報を伝えて
あげてください。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社
報道ニッポン
2011-03-22(Tue)

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 被災地で窃盗事件が相次いで発生

3月11日に大きな地震が発生し、多くの人が被害に遭いました。
まだ行方不明の人もいます。そして避難所で生活を送っている人も
たくさんいます。
そんな中、宮城県内のコンビニやホームセンターで夜間に窃盗事件や
窃盗未遂事件が相次いでいるのだそうです。県警は震災に便乗した事件と
みているそうです。3月14日のお昼の辞典で把握している事件は40件
に上っているということでした。
以前、阪神大震災が起きたときも多くの人が被害に遭った中、窃盗事件が
起きたという記憶があります。多くの人がつらい日々を送っている中、あまり
にもひどい行動ではないかと私は思っています。
避難されている人たちは、みんな我慢しているんです。頑張っているんです。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
現代画報社
2011-03-22(Tue)

月刊・国際ジャーナル 3月といえばひな祭り

3月といえば、ひな祭りがありましたよね~!みなさんも、女性の方はひな祭りにちなんだ女子会、または家に娘さんがいらっしゃる方であれば自宅でひな祭りのパーティーを楽しまれたのではないでしょうか?!最近のひな祭り、もちろんお雛様を飾るのは昔とかわりませんが、お料理は伝統的なちらしずしをアレンジしたものなど、各家庭でいろいろと工夫され、現代風になってきているのだとか。もちろん、お雛さまのケーキも定番ですが、ケーキ型ちらしずしなど、ママさんたちが腕をふるっているようです。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社
報道ニッポン
2011-03-20(Sun)

月刊・国際ジャーナル JOYさんが肺結核

テレビのバラエティ番組でも活躍されている、タレントのJOYさんが
肺結核だったという記事が新聞に載っていました。
所属事務所が公式サイトで発表したそうですね。
JOYさんは3月2日に発熱を訴え、その時には「肺炎」と診断された
そうですが、その後精密検査を受けたところ、肺結核であると判明したようです。
少なくても1か月以上の入院が必要だということでした。
とてもユニークな男性だという印象が強い人ですね。
多数の番組に出演されていましたし、忙しい日々を送ってきたことでしょう。
今は、ゆっくり休んで身体をいたわってあげてほしいですね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル
2011-03-18(Fri)

月刊・国際ジャーナル 福島第一原発3号機が水素爆発

3月14日に、福島第一原発3号機が水素爆発を起こしたというニュースが
テレビで報道されました。
また、テレビ局によっては爆発の瞬間が放送されていました。
非常に恐ろしい映像でした。
テレビを見ていると、様々な処置を行っているそうですが爆発が起こってしまった
ようですね。3号機の爆発によるけが人は、1人が重傷でその他のけがの程度は軽い
そうです。
今回、地震が発生したことで様々な影響が出ています。
とにかく今は、避難されている人たちへの物資が必要です。
日常生活で当たり前のように使っている物が必要なのです。
私の知人の旦那様は仕事の都合もあるのですが、被災地へ救援物資を届けるそうです。
余震も続いています。注意が必要ですね。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
国際ジャーナル
2011-03-17(Thu)

月刊 震災の翌日

3月11日に、大きな地震が起こりました。
多くの人が被害に遭われ、何とも言葉が出ません。
この地震発生後の3月12日に、岩手県の病院で赤ちゃんが
誕生したそうです。新聞やテレビでも報道されていました。
とても貴重な日に誕生した赤ちゃん。
今回の地震の状況を、お母さんから伝えていただき、
大きく成長したときには、語り継いでいってほしいですね。
とにかく無事に生まれてきてくれたことに、私も嬉しく思いました。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社
現代画報
2011-03-16(Wed)

ビジネス月刊誌は国際ジャーナル 身土不二

 ストレスの多い現代、食生活も、何かと見直されていることが多いですね。
戦後、肉食中心の欧米スタイルの食生活が輸入され、それが生活習慣病、肥満な
どにに悪影響を及ぼしていること言うことはもはやよく知られているところです
ね。

 最近では、本家の欧米などがその食生活を見直そうとしているようです。

現代画報」の記事にあった「マクロビオティック」もその一つ。

 語源はギリシャ語で、各国で研究されている食事療法ですが、日本では桜沢如
一が日本古来の食事法に基づいて考案されたものがはじまりで、欧米でも広く支
持されています。

 日本のマクロビオティックには陰陽道の思想や、身土不二(体と住んでいる土
地とは切り離せない)という考え方がかかわっています。
 玄米の主食を中心に、副食は野菜や漬物、乾物など、という、われわれ日本人
がごく基本的に取り入れてきた食のスタイルです。

 現在、日本のマクロビオティックシェフで最も有名なのは久司道夫氏。米国人
の健康をマクロビによって向上させた功績を称えて、なんとスミソニアン博物館
(アメリカ歴史博物館)に殿堂入りが許されているのです。

 アメリカのシンガー、マドンナの息子のアレルギー体質を治した専属のマクロ
ビオティックシェフは日本人女性というのもとても有名な話ですね。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報
報道通信社
2011-03-14(Mon)

国際ジャーナル月刊誌国際通信社 たま電車

現代画報」の表紙は、栃木玄の真岡鉄道を走るSLの写真でした。
 
 真岡鉄道のホームページを見ますと、SLの運行表などがアップされています
し、イベント列車のお知らせや、グッズ販売など、地方私鉄も生き残りをかけて
、あれこれ工夫をしておられるようですね。

 和歌山の私鉄、和歌山鉄道には三毛猫の駅長がいます。

 駅長さんは雌のたまちゃん。単なる駅長さんではなく、スーパー駅長という大
変立派な肩書がついています。

 たまちゃんが勤務するのは貴志川線の貴志駅。もともと隣接する売店に買われ
ている三毛猫でした。

 たまちゃんが駅長を拝命してから、貴志駅を訪れるお客さんがあれよあれよと
増え、たまグッズも順調に増えて経済効果はうなぎ昇り。

 私も訪れたことがありますが、その日の気分もあるでしょうが、機嫌のいい時
のたまちゃんはなんせ愛嬌もの。ホント、ネコ好きにはたまりません。

 この貴志川線、和歌山駅からそんなに離れてませんが、のんびりした日本の原
風景の中を走るのがとてもいい感じです。

 最近では車体にたまのイラストをあしらったたま電車も運行されています。車
内にはそこかしこのたまのイラストやたまの足跡が描かれていて、乗ってるだけ
でも楽しいです。変な喫茶店より癒されますよ。

 探せば地方鉄道、楽しい列車がまだまだありそうです。
 




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社
2011-03-14(Mon)

月刊・国際ジャーナル 3Dゲームが続々登場?!

最近映画も3Dの映画が増えていますが、ゲームにも3Dの波が押し寄せているようですよ。なんでも、2月18日にゲームセンター向けの業務用ゲーム機の見本市「AOU2011アミューズメント・エキスポ」が幕張メッセで開幕し、3D映像をメガネなしで楽しめるゲームなど、3Dの技術を駆使した最新ゲームがたくさん出展されていたそうです。ゲームの世界では、ここ数年ゲームセンター不況が続いていたんだそうですが、そのこともあってか各メーカーとも集客につながる目玉ゲーム機の開発に力を入れていたそうですよ。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報
2011-03-13(Sun)

月刊・国際ジャーナル サウジアラビアによる石油増産の影響とは?

日本は石油を中東に依存していますが、そのサウジアラビアでは、石油輸出国機
構加盟国であるリビアの原油輸出停滞が見込まれる状況に対応して、新 しい動
きを見せています。これは日本にとっても重要な動きではないかと思います。サ
ウジアラビアでは原油を増産していく方針の様です。中東全体で みれば、石油
が安定的に供給される事になるかもしれませんが、今後の政治情勢によっては、
新たな展開もありそうです。これからも注目したいと思い ます。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
報道通信社
2011-03-10(Thu)

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 ルーブル美術館

現代画報には「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」という記事がありました。


 私も一度だけ、ルーブル美術館は訪れたことがあります。ロンドン、ローマ、
パリを周遊するまさにトランクを開けたり閉めたりの駆け足旅行。ルーブル美術
館見学も本当にわずかの見学でした。

 「モナ・リザ」が目の前にあるのに、なぜがガイドさんは「モナ・リザ」の前
を素通り。なんで?あとで戻ってきて説明してくれるのかと思いましたが、行列
はどんどんモナ・リザから離れて行ってしまいました。

 一応の説明が終わってのわずかなわずかな自由時間に、モナ・リザ見たさに引
き返したのですが、あまりの遠さにバスに乗り遅れそうになってあきらめ、引き
返してバスまで全力疾走!本当に残念な思い出です。
 さすがは「全部見ようと思うと最低1週間はかかる」と言われるルーブルです

 
 ルーブル美術館の正面にあるガラスのピラミッド、あれも、2009年で20
年を迎えるのだそうですね。

 大ベストセラー小説から映画化された「ダ・ヴィンチコード」。キリストの末
裔が登場することで、カトリック界から抗議を受けたり物議を醸しましたね。
 ラストで、トム・ハンクスがガラスのピラミッドを背に、片膝をつき祈りをさ
さげるシーンが印象的でした




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポン
現代画報社
2011-03-09(Wed)

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 花粉症とお茶。

私の住む札幌はまだ雪が積もっているくらいなのでまだまだの話ですが、関東あたりはもう二ヶ月もしたら花粉の季節がやってきます。15年くらい東京神奈川に住んでいたのですが、私は花粉症にはおかげさまで罹らず、たまに調子が悪いときに花粉症のような症状を起こすくらいでした。ひどい人は本当に仕事にならないくらいの症状で、寝込んでしまう人もいるくらいです。もはや国民病です。友人の多くもマスクをして、薬を飲んで、やっとなんとか社会生活を送れるという感じでした。
 薬は強いのでとても眠くなったり、だるくなったりしてしまうので、多くの方がお茶に頼っているようです。日本茶のべにふうきや中国の甜茶などはその効能が知られています。べにふうきは国産紅茶用に作られた茶木で、以前べにふうきの紅茶を飲んだことがあります。渋みなどが少なく飲みやすい紅茶でした。最近は花粉症に効くということで数量も少なくなっているようです。
 紅茶屋をやっているから、というわけでもないのですが、お茶はやはり風の予防やがん、糖尿病などの予防にも効くと言われております。毎日少しずつでも飲んでいれば何かに効くのではないかと思ってはおりますが、実際はどうなのでしょう。私が死ぬ頃には何か解明されるかと思っています。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報
2011-03-08(Tue)

月刊誌国際ジャーナル ダイエット。

 セレブリティが公の場でダイエットや健康の秘訣を語ることに医師や科学者たちが注意を促しているそうだ。お酢が体を浄化して、余分な水分や糖分を取り除くと言っているセレブの意見を栄養士が指摘し、警告を促している。確かにそんなに簡単にやせる魔法のようなものはあるはずない。お酢は体に良いとは言っているし、料理で使うのにはとても素晴らしい調味料となりうるが、痩せるとは聞いたことがない。他にもセレブたちが個人的に信じている間違ったダイエット法などを、ファンがマネをして体を壊してしまったら大変なことになる。芸能人たちの言葉は大変な影響力があるから恐ろしい。
 ダイエット法というのはいつの世にも流行るもので、私たちが学生の頃はりんごダイエットなどが主流であった。私は食べることが大好きだったのでダイエットなんて気にもしなかったのだが、友人の多くが体のことを気にして、様々なダイエットを行っていた。りんごダイエットのような一品だけをとっていれば、間違いなくやせるだろう。しかし、どう考えても体によくない。案の定生理が止まってしまったり、肌荒れなどがひどくなった友人がたくさんいた。
 きちんと食べるものを食べて、運動をし、無理なくやせなければ年をとったときに体がぼろぼろになるのは目に見えている。そろそろがたが出てくる年頃の私は実感している。

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
報道通信社
2011-03-08(Tue)

国際通信社・月刊 歴史ある物

小田原市教育委員会が実施した小田原城周辺の発掘調査で、漆塗りの弓や鉛性の
鉄鉄砲などが見つかったそうです。16世紀に上杉謙信や武田信玄が小田原攻め
に使った武具の可能性があるということです。
有名な歴史人物に関しては、学校の授業やテレビドラマなどで存在を知ることが
できますが、その人たちが使っていた道具などがまだ残っていたというのは、
不思議な気持ちになりますね。「本当に存在していた人物なんだ」と改めて感じ
ます。有名な歴史人物がいたから、今の日本があるのかもしれない・・・そう
思うこともあります。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社
報道ニッポン
2011-03-07(Mon)

国際通信社・月刊 自動車産業の先行きについて

日本の経済の中心となっているのは、やはり製造業ですが、その中で自動車メー
カー8社はどんな状況でしょうか。1月の生産、販売、輸出の実績によ ると、
三菱自動車を除く7社は国内生産が減っているという結果になっています。特に
ホンダは1月として過去最低の生産台数となったそうです。エコ カー補助金が
終了したことなど、逆風の影響かもしれません。これから人口減が予想される日
本ですが、国内の自動車販売については、なんらかの対策 が必要なところかも
しれません。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル
国際通信社
2011-03-07(Mon)

ビジネス月刊誌は国際ジャーナル 新幹線開通による地方活性化への期待

新幹線の開通も日本の各地で進んでいますが、3月12日の九州新幹線・鹿児島
ルートの全線開業に向けて様々なイベントが行われています。新しく開 業する
博多-熊本間においては、一般向けの試乗会が行われました。約26万人余りの
中から抽選で選ばれた家族連れらが、この新しい新幹線の乗り心 地を味わった
と報道されています。この新幹線の開通によって、九州地方での経済は活性化が
期待されていますが、その結果については充分な検証も必 要ではないかと思い
ます。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社
2011-03-04(Fri)

月刊・報道ニッポン・国際ジャーナル インターネットとうつ。

 イギリスの心理学者らが、インターネットを長時間使う人にうつの兆候がみられやすいとの研究結果を専門誌に発表したとのこと。インターネットがうつを引き起こすのか、うつの人がインターネットに依存しやすいのかは明らかでないそうだ。
 そういえば、パソコン関係の仕事をしている友人はほとんどがうつを患っている。SEやプログラマーの人だ。彼らは仕事を始めてからうつになったと言っているが、仕事に携わる前からほとんどの人がパソコンに興味があったわけだから、確かにどちらが先なのかはわからない話だ。さらに、うつになると人付き合いが怖くなったりして、家に篭ることも多くなる。自然とパソコンに向かうことも増えるだろう。
 電磁波の影響などもいまだに研究されていることだし、脳に何かを与える影響もあるのかもしれないと、少し恐ろしくなった。私自身もパソコンのみならず、携帯などもないと不安になる依存症に近い状態なので、危機を感じる。しかし、私はパソコンを持っていない頃にうつを患ったことがある。やはり関係性はわからない。
 また、うつの判定は難しく、うつを装って、仕事などをさぼるケースもきっと増えているに違いない。経験者としては、本当につらく苦しくても信じてもらえずに死を考えたことすらあるので、何か正確な判定基準がほしいものだと思う。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社
2011-03-03(Thu)

2011-03-02(Wed)

現代画報・月刊・国際ジャーナル ガラス製のテレビ台が割れる事故

新聞に載っていた記事でテレビでも報道されていたのですが、通販で有名な
「ジャパネットたかた」が販売していたテレビ台があったそうです。
テレビを乗せる天板や内部の棚に使われた強化ガラスが突然割れるという事故
が、全国で74件も起きていたことが分かったのだそうです。
この事故でけが人は報告されていないようですが、ジャパネットたかたは、
製品のリコールを決めたのです。
突然、ガラスが粉々に割れてしまうことがあったそうです。
多くの人がテレビとセットで購入していたそうです。問題なく使用している人も
多いかもしれませんが、ガラスとなると割れてしまうと危険な物になります。
今後、製品の販売をする際には十分な対応が必要かもしれませんね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
国際ジャーナル
2011-03-01(Tue)

国際通信社・月刊誌 自転車

数年来ブームの自転車。
ほんの少し前までは、主にお買い物使用の
ママチャリが町を走っている程度だったけど。
最近は通勤に使う方も多いですよね。
で、そういう方々は、なんといっても、自転車自体が
かっこいい。
一台数十万円もするバイクもありますし、乗り様も
スタイリッシュですよね。
性能自体がアップしているから、スピードもやたらと速い。
爽快だろうなと見ていて思います。
が、同時に危ないなと思ってます。

先日も坂道でスピードに乗りすぎた自転車が
急ブレーキをかけてましたが、あわやの接触事故に
なりそうでした。
基本的に自転車は車道をはしるもののようですが、
車の脇をすっと抜けていくのは見ていても恐ろしい。
乗り手によると、前後左右確認しているそうで、
本人的にはちっとも怖くないんだとか。
車を運転するほうは、ひやひやものですよね。

お互いにルールを確認して、楽しく共存したいですよね。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
現代画報
フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。