--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-26(Sat)

国際ジャーナルからの取材 シー・シェパードとクジラ

日本とクジラの歴史に、毎回からんでくる団体と言えば、アメリカの環境保護団体「シー・シェパード」ですよね。もちろん、クジラさんが可哀想という気持ちはわかるのだけれど、シー・シェパードは愛するクジラを守るためにかなり攻撃的に、アグレッシブに日本の船にからんでくるので、そんな記事を目にするたび、他に方法はないのかなあなんて思ってしまう私です。またまた12月17日に、水産庁が、南極海でシー・シェパードに所属している抗議船、スティーブ・アーウィン号を監視していた民間の船の第2昭南丸が、スティーブ・アーウィン号から妨害活動を受けたと発表したそうです。船自体や船に乗っていた人たちには被害はなかったそうで、不幸中の幸いですが、この妨害活動は11月19日に今年の調査捕鯨船団が出港して以来、初めての妨害なのだそう。妨害の内容はと言えば、約2時間にわたって船のスクリューに絡ませるためにロープを投げ入れたり、乗組員に向けてレーザー光線のようなものを照射したりしたのだそう。ちょっと笑えますけどね、船に乗っている人はびっくりしたでしょうね。もちろん、昭南丸も長距離音響発生装置(LRAD)や放水で、妨害を止めるように警告したそうですが、水産庁はこの妨害活動に対して極めて危険な行為であり、断じて許されるものではないとコメントしているそうです。日本のクジラ漁と、世界の動物愛護団体や環境保護団体はどうしてもぶつかってしまうんですよね。

現代画報で読み解く
opem-press.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
国際ジャーナルを見つけて
国際ジャーナル/報道ニッポン/現代画報
国際ジャーナルからの誘惑
報道通信社|報道ニッポン
評判の国際ジャーナル
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年6月号のご案内

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材をうけませんか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。