--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-16(Tue)

国際ジャーナルの取材 「必ずもうかる」という甘い言葉

「必ずもうかる」や「元本を保証する」などと、甘い言葉で事業への投資を持ちかけて、
現金をだまし取る被害が増えているとして、警視庁は3月11日にホームページで注意を
呼びかけ始めました。

警察庁生活経済課によると、投資話に関して警察庁に寄せられる相談や関係省庁からの
情報提供は2007年が232件、2008年が218件だったということですが、昨年は372件と急増
したのです。今年も2月末現在で75件となり、昨年を超える水準で推移しているのです。

全国の警察が昨年摘発した出資法違反、金融商品取引法違反など「資産形成事犯」の被害
者は約5万4000人、被害総額は約1654億2000万円の上り、振り込め詐欺の7156人、約95億
8000万円を大きく上回るということだそうです。

テレビや新聞などでもこのような詐欺まがいのニュースが頻繁に取り上げられているように
思います。そして、以前「国際ジャーナル」でも「詐欺」に関する記事が載っていたように
思うのです。
テレビでの特集で、「必ずもうかる」の言葉に操られてしまった被害者がインタビューに答
えていました。「騙されているとは、これっぽっちも思っていなかった」と驚きの様子を見
せていました。「必ずもうかる」と言った人は、人に信頼されるような話し方や接し方をし
ているのかもしれません。
今は不景気で、多くの人が「お金をもうけたい」と思っているかもしれません。そんな時代
に「もうかる」という事を言われると、ふらっと気持ちが揺らいでしまうのでしょうか。
ですが、「必ずもうかる」や「何もしなくてもお金が手に入る」などという夢のような話は
所詮「夢」だと思います。お金というのは、日々努力して仕事をし、それで手に入れるお金
が本物の財産だと思います。


国際ジャーナルから学んだ
rich.geo.jp 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています Y 報道ニッポン 現代画報 グラビア 報道通信社 取材 現代画報 報道ニッポン 好きな雑誌 - 報道通信社|報道ニッポン 取材しました 民法 報道通信社 取材 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンとの出会い:報道通信社|見えない炎 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 名古屋 国際ジャーナル 取材です G 取材 タレントがインタビュアーになり取材します 大阪 国際ジャーナル 掲載料 評判の雑誌って? 東京 商法 発行部数は約3万部 国際通信社グループ 刑法 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 取材します 報道ニッポン|ブロードバンドが普及した日本の社会 - 報道ニッポンの ...
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。