--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-29(Mon)

地方経済のリスクヘッジについて

いままでの日本は輸出立国といわれていました。これからはどうなっていくので
しょうか。国際ジャーナルなどを読むと、これからは構造の転換が必要になる気
がしています。日本の発展を、これからも継続するためには、今までの基幹産業
であった、機械製造などの主要業種に頼った政策は、そのまま必要であるとは思
います。しかし、地域社会の発展にとって、大企業に頼る政策にはリスクもあり
ます。例えば、工場誘致に頼るような経済は弱いという事です。ですから、工場
地帯として発展していても、一旦工場閉鎖となると、他に税収や雇用確保の場が
無いために、その地域はまったく経済的に不振におちいってしまう可能性もあり
ます。これについては、大手のスーパーマーケットが進出して、地元の商店街が
だめになってしまうことに似ています。地方の企業振興政策を替えるべき時が来
たのかもしれませんね。人並みの生活が可能な地域経済でないと、いつまでも安
心して住み続けられる地域社会にはなりません。勤労者の7割が働く「中小企
業」が主体となって、大企業には全面的には頼らない、それを実現するための政
策が、これからの日本には求められてくるのかもしれないと、日々感じていると
ころです。





現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
ニッポンの夜明け 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルの求人 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナル オーシスマップ: 報道ニッポン(全国誌) 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナルの掲載企業 wiki 画報 ホルモン-気ままな現代通信 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルの所感 掲載企業された国際ジャーナルは雑誌 国際通信社の国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。