--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-07(Mon)

国際通信社グループの現代画報 キャンピングカー内で焼き肉、父子がCO中毒死

この事件では、事件そのものの不可解さ、まず、親子で話をしてくると言って、焼肉の用意をして出かけるのも不自然な気がするが、これは無くはないかもしれない。しかし、何故、高速道路の駐車場内の車の中で焼肉をするのか? これはまず普通なら、しないであろう。2人は外傷もなく、車内の別々のベッドで倒れていたと言う。
ここで気になるのは、これが事件でなく、事故であるとしたら、窓が開いていても一酸化炭素中毒になる可能性があることになるので、もう少し、その危険性について、啓蒙をする必要が新聞社の使命としてあるのではないだろうか。日本ではキャンピンカーの普及率は低いが、キャンピングカーに限らず、狭い室内で同じような道具で料理を行うことはあるので、せめて常識の空気の流れを作るような窓の開け方以外の注意すべきポイントを、書いて欲しいものである。この親子に失礼ではありますが、もう少し知識があれば防げたかもしれない。
-----以下、読売新聞引用要約
先日、愛知県一宮市の名神高速尾張一宮パーキングエリア内の駐車場で、駐車中のキャンピングカー内で同県、保険代理業の父子が2人死亡しているのを県警高速隊員が見つけた。車内で練炭コンロを使って焼き肉を食べた跡があり、血中の一酸化炭素濃度が高かったことなどから、一宮署は一酸化炭素中毒で死亡したとみて調べている。車の窓の一部は開いていた。親子は、家族に「2人で話をしてくる」と言って、焼き肉など食事の材料を持って自宅を出たが当日夕方、夜になっても帰宅しないことから、家族が捜索願を小牧署に出していた。




lua.weblog.am
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年2月号のご案内 | 現代画報社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。