--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-30(Wed)

現代画報社の現代画報の特集記事 重い責任

大相撲の野球賭博についての報道が連日とめどなく流れています。毎日毎日、よくぞここまで隠していたなと思われる事実が芋づる式に出てきて、本当に大相撲は国技という冠を脱ぐしかないのかと思うと本当に悲しくなりますね。今朝は、NHKによる大嶽親方への独占インタビューが放送されていて観たのですが、もう無残で。。「もう一度力士たちにチャンス与えて欲しい」と涙ながらに訴えてました。アンタ、そりゃ虫が良すぎるよ・・。こんなことになる前に、琴光喜に数千万の借金をするはめになる前に、どうして止められなかったんだよ・・ってもう朝からホントに情けなくなりました。親方という立場がどれだけ重い責任を背負っているのか、分かっていた筈なのに。。愚痴ったところで後の祭りですが、現役時代を知っている人間にはとにかく残念でなりません。
そう、相撲取りの力士としての寿命は短いのです。相撲を取らなくなってからの人生の方がうんと長い。相撲協会は現役力士のことだけでなく、引退した元力士たちのケアも考えなくちゃいけないのです。親方になれるのはほんの僅か、ちゃんこ料理の店や起業できるのは限られた人間だけです。相撲以外は何も身についてないから、巡業先で知り合った暴力団関係者とかにつけ入られる。報道ニッポンなどで、この野球賭博に端を発する相撲界と暴力団との闇の関係についての記事が載ることでしょう。とにかくね、もう特例民法法人なんて取り上げて、しっかり税金を取って欲しいです。それが彼らのためにもなる筈だから。



報道ニッポン | 報道通信社 | 働くということについて
国際ジャーナルとの出会い 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。