--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-01(Thu)

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談取材 原油流出事件がもたらす被害はどうなるのか



ニュースを見ていると、世界各地で様々な事件がおき ていますが、アメリカで
発生した原油流出事件は、これからの被害がどうなっていくのか心配です。自然
に対する環境破壊はどこまで拡大するので しょうか。動植物などの生態系には
悪影響は心配ないのでしょうか。そもそも、この事件の原因がどこにあるのか、
その点を充分に検証してもらい たいところです。国際ジャーナルなどのマスコ
ミ各誌でも、このような災害に対する検証はチャレンジしてもらいたいところで
すね。この事件は米 南部ルイジアナ州沖のメキシコ湾にある深海油田で起きて
います。そして、発生から2か月後のいまも終息する気配がないという大惨事に
なってい ます。事件の詳細ですが深さ約1500メートルの海底を掘削してい
た海上施設が突然爆発し、沈没しました。その結果として、掘削パイプは破損
し、海底の掘削穴から原油が噴出し続けているというのが事件の状況です。これ
は大変な状況ではないかと、感じますね。油田開発にあたった英石 油大手BP
社ですが、国際的にその安全対策に対する批判も増えてきています。いずれにし
ても、アメリカの迅速な対策に期待したいところです。 これからも、この事件
の行方については注意していきたいと思います。




国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社
国際ジャーナルを見つけて 現代画報 (地域を育む人と企業、時代と人をつなぐスペシャリスト、職人 地域で活躍する職人たち~、地域医療に貢献する ドクター訪問、美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店、心のふるさと~社寺めぐり~)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。