--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-05(Thu)

現代画報社の現代画報の特集 製品の寿命を考える?

「使えるものは使う」そう思っている人は多いでしょう。
それがたとえ年期が入っているものでも「まだ動くから」と考える人もそれは
間違いではないと私は思います。

そして今年は例年にない猛暑が続いています。その中で古い扇風機の出火事故
が相次いでいるということなのです。
扇風機でモーター部分がショートするなどして起きた発火や火事が6月以降、
8件も発生しているそうです。そのうちの6件は10年以上前から使用されている
扇風機によるものだというのです。
「あまりの暑さで古い扇風機を押入れから出す家庭も多いと思うが、まずは
おかしな点がないか点検してほしい」とのことです。

この扇風機による発火事故は2009年3月までの5年間に105件発生していて、
3人が死亡し、10人が重軽傷を負っているそうです。このうち70件が10年
以上使用している扇風機によるものだったそうなのです。長年使用してモーターの
コイルがすり切れてしまい、ショートしたケースが多いということです。

今年の7月に大阪で発生した火災では、なんと40年以上使われ続けた扇風機が
出火元となったといいます。
「製品の寿命を考えて」というように新聞記事には載っていましたが、「もったいない」
という思う人もいるはずです。しかし、万が一のことが起きる前に買い替えが必要な
物もあるのかもしれませんね。


国際ジャーナルに出現
ROD
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。