--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-13(Wed)

国際ジャーナル 自然で生きるべき動物たちの行動

ここ最近、自然で生きる動物たちが人間に被害を与えているという
ニュースがテレビや新聞でよく報道されているように思います。

10月12日の朝、福井県内にある高齢者介護施設の1階で、車椅子
などの準備をしていた女性看護士が、玄関から入ってきたツキノワグマ
に襲われたそうなのです。非常に恐ろしい話ですね。

この女性看護士は外に逃げて玄関の扉を閉めて、クマを施設内に閉じ込めた
のだそうです。当時、施設内にはほかに人はいなかったそうで安心しましたが、
看護士は顔などをかまれるなどして約3週間のけがをおったのです。
警察や地元の猟友会などの約20人が捕獲作業を進めたということです。

クマだけではなく、イノシシやサルなどが自分がいるべき自然から人間が住む
場所にまでやってきて食べ物を探しているのでしょうか・・・。
気候などの問題もあるかと思いますが、自然には自分たちが食べる食べ物が
なくなってきてしまっているのでしょうか。
これは人間の手によって自然を壊しているという原因も考えられるのかもしれません。
「クマが降りてきた」「イノシシに襲われた」「サルにかまれた」などと被害に
遭った人たちのインタビューがテレビを通じて聞こえてくるのですが、私たち
人間の勝手な行動で動物たちを私たちが住む場所にまで来させているのかもしれない・・・
私はここ最近のニュースを見ていて深く感じました。
地球温暖化も進んでいます。自然の力は素晴らしいものだと思います。
私たちが安心して生活ができるように私たちが守らなければならないのではないでしょうか。


現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。