--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-21(Sun)

現代画報 国際ジャーナル めだかが・・・

毎日のように網を持ってつかまえては家に持って帰り、飼っていました。
今では、ペットショップに行けば「販売している」という状況です。つかまえていた
めだかをお金を出して買う・・・ということに、私自身は驚いています。

が、先日新聞を読んでいると、野生めだかの生息が危機的な状況にあると書かれていました。
田んぼや小川に生息するめだかが、完全に姿を消す日が到来するかもしれないという
驚きの記事でした。
「コメの作況指数の目安になった」というめだかの生息環境の喪失は、日本人の精神文化
の危機であるということです。小さなめだかも「生物多様性」の一員ととらえる専門家も
いるようです。

ある写真家の話が載っていたのですが、自宅の水槽で簡単に飼育できるめだかですが、
田んぼのめだかとは遺伝子組成が異なるそうです。観賞用めだかは金魚と同様、飼って
楽しむために繁殖された個体で、野生のめだかに比べて弱く、飼育環境を徐々に悪化させる
と、観賞用のめだか、野生のめだかの順で死んでいくと話しています。
観賞用も野生も見た目は同じように見えます。ですので、野生めだかの保護の重要性が
なかなか理解されないのが現状のようです。

当たり前のように泳いでいためだかがこの国からいなくなるとは、本当に信じられない
話です。私が子供の頃は数え切れないくらい泳いでいためだかだったのに・・・と
思います。
自然の生き物は、私たち人間が守らなければなりませんね。


報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。