--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-28(Tue)

現代画報 国際ジャーナル 月刊 鬼束、初公判

最近、ドメスティックバイオレンス、いわゆる家庭内暴力などといった言葉を、幼児虐待と同じくらいの頻度で耳にすることも多くなりましたよね~。現代に急激に増えたのか(ストレスのせいで?)それとも、昔からあったものの、門外不出だっただけなのか。。。何しろ、芸能人でもこういう目に合ってしまうことがあるんだなあと思ったのが、歌手の鬼束ちひろさんの事件。鬼束さんに殴るなどして重傷を負わせたとして、鬼束さんのお相手の古宮裕輔さんが逮捕されましたよね。この人、もともと傷害などの前科があり、切れると手がつけられない性格で、身長190センチの大柄なんだとか。性質悪そう!この二人の初公判が12月16日に東京地裁で開かれたそうですが、起訴状と検察側の冒頭陳述によれば、鬼束さんは殴る、蹴る、目つぶしなどを受けてしまい、頬骨や肋骨の骨折など全治1か月の重傷なのだそう。鬼束さんの相手はは「平手で1発たたいただけ」と起訴内容を一部否認しているそうですが、ウソ~!だって、一発平手しただけで、全治1カ月になるかなあ。鬼束さんが、自分で自分を殴ったり蹴ったりしたのかな。鬼束さんの顔は、左眉毛の上がパックリと割れてしまい、左目の下の頬骨を骨折している上に、左肋骨も骨折し、右結膜下出血と診断されているのだそう。ありえないのが、検察側の冒頭陳述。なんでも2人は8月上旬に都内の玩具店で知り合ったそうで、交際を始め、鬼束のマンションで同居するようになったのだとか。交際の進展が早すぎた?鬼束さんは、被害を受けて男性不信になったのだそうで、顔にひどいけがを負わせたのは絶対に許せないとコメントされているそう。そりゃそうだ!

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。