--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-01(Tue)

月刊現代画報 捕鯨調査船を妨害

捕鯨調査船とシー・シェパードと、意見は対立しているので何ともですが・・・

映像を見る限りでは、シー・シェパード船が突っ込んできたという感じですね。



“シー・シェパード”



“グリーンピース”から分派し設立された団体で、代表はポール・ワトソン氏。

海洋哺乳動物保護を訴え、他国の捕鯨船に体当たりして沈没させるなど、

過激な反捕鯨活動で知られ、「エコテロリスト」とも呼ばれている。



シー・シェパードの船は、オーストラリアの港に滞在、

オーストラリア政府が容認している団体らしいですね。

それも、おかしな話です(笑)

国と国とで話し合えば良いのに、捕鯨禁止を推奨する国だからとシー・シェパード

をバックアップしているのは変ですよね~

そんな国でも日本人は行きたがるのですから、これまたおかしな話です。



活動基金は捕鯨反対の人達の募金みたいですが、ドリンク会社がスポンサーにいる

なんて噂も聞きますね。



捕鯨禁止・・・

そう言われても、日本は昔から捕鯨をしていた。

そして、獲れえたクジラは余すことなく、食糧に、油にと利用。

余す事はなくとは言っても、内臓とかは廃棄するかもですが(笑)

髯だけを使用していたり、油だけを利用していた国とは違います。



中国人の知り合いが、ハトを見て「ハト美味しいよ」と言いました。

日本では平和の象徴というか、ハトを食べるという国ではない。



モンゴルでは、ギ肉が主流な食べ物。

しかし、日本はヤギはどうでしょう・・・

ヤギの乳やチーズは食べた事ありますが、私の口には合わなかった。



国の食文化を上げていたら、切りがありませんね(笑)



なぜ、捕鯨だけがいけないのでしょうか・・・



日本以外の国での文化にクジラがいなかったからでしょうか?

そんなの他にもありますよね。

タコ、ウナギ、日本では好まれますが、食べる習慣のない国は沢山あります。



それよりも日本は捕鯨について、もっと前向きでないといけないと思います。



日本は島国、周りは海、そして資源の少ない国。

資源が少ないが、周りの海から恩恵を受けることができる。



もし、捕鯨禁止が決まったら、次はマグロが禁止の対象になるでしょう・・・



その次は何でしょうか・・・



日本の未来を考え、他国から食糧調達が難しくなった事を考え、はっきりとした意思を


持って、世界に挑まないと、日本は世界から好き勝手に扱われる国となります。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。