--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-08(Tue)

報道通信社・現代画報社 子供のストレス

インターネット上の質問に子供が応えることで、ストレスを早期に発見できる心理検査を導入する
小中学校が増えつつあるそうです。
いじめなど、子供を取り巻く環境を改善するために、心の健康状態を客観的に把握するのが狙いだそ
うです。東京都のある市の教育委員会は市立の全小中学校に導入して、児童・生徒の指導に役立てて
いるといいます。

この検査は「CVCL(チャイルド・ボイス・チェック・リスト)」と呼ばれるものです。NPO法人・次世代
育成ネットワーク機構が大学や専門家らの監修で開発したそうです。
80の質問に回答した結果をコンピュータで分析します。積極性や判断力、学校や家庭などでのストレス、
いじめられやすさなど16項目について数値化したグラフやアドバイスを表示します。

2007年に運用を始め、2008年度に学習塾を含む約200校、翌年には約500校が導入しました。ある市では
小学5年生と中学2年生を対象に検査を実施しているそうです。結果は個人面談などに活用するなど、保
護者にも好評だったそうです。

生徒によっては「自分も気付かなかったストレスが見えてきた」という声もあったそうです。課題が
わかれば本人が回復力を発揮し、周囲も対処しやすいのでは・・・とある中学校の校長は話をしてい
ました。

「子供がストレスなんて」という大人もいるかもしれませんが、子供は子供なりにストレスが溜まって
しまうのです。それに周りが気付かないままでいると、そのストレス発散先を他人に向けてしまい、他
人を傷つけてしまうことも考えられるのではないかと思うのです。個人個人の内に秘めているこ
とが検査結果に出るならば、教師もきちんと把握してきちんと対応をしていただきたいと思います。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。