--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-21(Thu)

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 災害時に帰宅できるのか。。

国際ジャーナル 2011年4月号に、「災害時、歩いて家まで帰れますか──

“人まかせにしない”防災意識を持とう」という記事がありました。

しかし災害直後の帰宅は余震などを考えると、とても危険だという声もあります。



歩いて自宅に帰れるか・・・考えてみました。



かなり時間はかかります、多分、1日かがかりになるでしょうが、歩いて帰宅

することは可能だと思います。

けれどもそれは通常の状態で、川には橋がかかっていて、倒壊した建物で道が

遮断されていないことが前提です。

もし、被災地真っただ中を歩いて帰るとなると、きっと2~3日はかかるのでは

ないでしょうか・・・



しかし、災害時に徒歩で帰れる道を、きちん把握しておくことは必要はありますよ
ね。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。