--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-13(Wed)

国際ジャーナル 消防手動ポンプ車

新聞に載っていた記事なのですが、流しの松代町東条で保管されてきた100年近く前の
消防手動ポンプ車が、保管場所の取り壊しに伴い処分される恐れが出ているのだそうです。
新聞に載っていた写真を見ると、レトロな現在活躍している消防車の「赤」のイメージとは
全く異なる木の色をしています。木でできているのだろうと思いますが、このポンプ車が
火災の時に活躍したのでしょう。
保管場所の取り壊しで処分されるのでは、とても悲しい気持ちになりますね。
歴史あるものを簡単に処分するというのは、貴重な財産を簡単に失くしてしまうのですから。
このポンプ車の存在があって、今の消防車の存在があるのだと思います。
なんとか今後もこのポンプ車の歴史を語り継いでいってほしいのですが、難しいのでしょうか。


詳しくお勧めのお店を紹介してくれた事がありました。
先日久しく会っていない友人の事を思い出し近況を聞こうと連絡を取ってみました。
話を聞いてみると国際通信社 歴史を中心に扱う情報誌に掲載されていた情報を元に旅行した所、見事に旅行を楽しむこと事が出来たそうです。
近所には引越しの際に出る不用品を処分するための業者もあるのだそうです。
自分の為だけではなく蓄えた知識を周囲の方にも積極的に提供する姿勢が友人の良いところだと再確認しました。
もしもの時の保険を始めるのであれば、保険代理店 大阪で検索される代理店にも相談してみたいです。
また友人は現在仕事で必要だからとリフォーム相場の一覧を作成しているそうで、完成次第友人と相談をしつつなるべくお手頃の値段のをリフォーム 大阪の業者を選ぶ事になる予定だそうです。
遠方から来た友人に紹介する事もできると考えた妹さんはゲストハウス 港区の連絡先も控えたのだそうです。
最終的には報道通信社 月刊誌を購読したという、勉強熱心な姿勢が表れる内容の会話をしました。
大阪ということもあり、国際通信社 歴史ものの雑誌もありましたが、値段が安いだけでなく内容の充実ぶりに驚いたものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

フリーエリア
プロフィール

京都っこ

Author:京都っこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
rakuten
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。